40代以上の疲れ目に「サンテ ボーティエ」がお勧め!

緑内障と向き合う
Sponsored Links

ハイサイ! 沖縄ナースマンのゆーじん(@YJ_nurseman)です。

 

私りっぱな40代中年看護師ですが、最近目の疲れがひどい!

もちろん元々の持病である緑内障の影響もあるのでしょうが、以前は感じなかった眼球の重さや張りが、最近特に顕著な気がします。

瞳の乾燥(ドライアイ)もあったので、眼科主治医の確認をいただき、市販の目薬をいろいろ試してみました。結果「これだっ!」と思えるものに出会ったのでぜひ紹介したいです。

特に40代以上の疲れ目に悩む皆さまにお勧めいたします。

 

ゆーじん
ゆーじん
それでは「ナステート」始まります!
Sponsored Links

「サンテ ボーティエ」の実力

目薬界のニュータイプ

「サンテ ボーティエ(Sante Beauteye)」は参天製薬の製品で、市販の目薬の中では値段設定が多々高めとなっており、中高年者を主なターゲットとした目薬です。

製品の概要については参天製薬の公式HPに詳しくありますので、まずはこちらをご覧下さい。

一般的な目薬とは一線を画したボトルフォルム、薬剤の色、そして確かな効果など、まさに目薬のニュータイプです。

 

なんと言っても見た目がオシャレ!

長年目薬を使っていますが、目薬にファッション性を持たせるなんて考えもしなかったです。見た目は香水っぽいですよね。家で使ってると、うちの嫁さんから「え? 香水を目に入れてんの!?」って驚かれました笑

職場では電子カルテのパソコン脇に置いてますが、それだけでなんかかっこいいです。

 

充血がすぐに消えました

昔からの目の悩みのひとつに、ちょっと疲れるとすぐに目が充血してしまうことがありました。しかしこの目薬を入れると充血もさっと消えます。面白いのが目薬を入れた瞬間、目にすごく染みるんですね、それがとても気持ちいいんですが、充血が強めに出る左眼のほうがより染みるんです。それだけで効果を実感してしまいます。

 

目の張りが軽くなります

仕事で長時間パソコンの前に座っていると、目が腫れぼったく感じたり、重たく感じたりするんですよね。そんなときにこの目薬を入れると、目の張りが取れて顔もすっきりして見えます。1回数滴を1日3~5回入れるとありますので、特にデスクワーク中は適宜使用して、目の潤いを保ちたいです。

 

使用上のデメリット

薬効に関してはデメリットを感じさせませんが、あえて個人的な意見を2点ほどあげます。

1.薬液が出る容器先端部の穴が大きめなのか、余分な薬液が出やすい

通常は目薬のボトルを目の上に持っていき、ボトルの腹を軽く押すと薬液が1滴出るのですが、このボトルは先端部分を下にするだけで1~2滴出てしまいます。おそらくボトルの構造上の問題だと思いますが、目に入れる前に、目以外のところにこぼれやすいのがもったいないです。

 

2.キャップがいつの間にか開いてしまう
これもボトルの構造上の問題ですが、他の目薬と比べてキャップが外れやすいと思います。特にバッグの中で他の荷物と一緒に入れていると、振動などでキャップが動いてしまい、いつの間にかキャップが外れているまたは半開きになっているということがあります。
バッグの中にこの目薬を入れるときは、他の荷物と同じスペースに入れないほうが良いでしょう。

緑内障の方は使用前に主治医に確認を

添付文章中には、「緑内障と診断を受けた人は、使用前に医師、薬剤師または登録販売者にご相談下さい」と記載されています。

もちろん私も緑内障患者なので、主治医に確認して使用許可をもらいました。添付文章には書いていませんが、この場合の緑内障とは閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)をさす場合が多く、私には該当しないとのことでした。

閉塞隅角緑内障とは、房水の出口がつまり急激に眼圧が上昇する場合があります。実は「サンテ ボーティエ」だけでなく市販の目薬や飲み薬、また一般の医薬品の多くは、この閉塞隅角緑内障に対して投与注意となっています。これはお薬の成分が、急性の眼圧上昇発作を引き起こしやすくするためです。

緑内障の方は、使用前に必ず主治医に確認しましょう!

 

まとめ

  1. 「サンテ ボーティエ」は40代以上の疲れ目に悩む人にお勧め
  2. ボトルもオシャレ!パソコン横においても様になります
  3. キャップがやや開きやすいため、バッグに入れるときは他の荷物と混ぜないように
  4. 緑内障の人は使用前に主治医に確認を

 

ゆーじん
ゆーじん

今回は以上です。よければその他の記事もご覧下さい。
それでは、グブリーサビラ!(またねー!)

コメント

トップへ戻る