おきなわキーワード「き」

沖縄で働こう
スポンサーリンク

「き」

【キジムナー】(伝承・妖怪)

「ナー」にアクセントが付きます。古いガジュマルの木に住むとされる妖怪。樹木の精霊とされています。髪が赤く、小柄な老人や子どもの姿で描かれることが多いです。ガジュマルの中でも古い大木を住処とし、人間と共存して生活すると言われています。魚の目玉が大好きで、キジムナーと一緒に漁をすると、大漁の魚が取れるが目玉だけはキジムナーが食べてしまう、などの言い伝えがあります。

妖怪という立ち位置ですが、あまり怖さは感じないです。デフォルメされたイメージキャラクターがいろいろな商品に使われていますし、沖縄におけるゆるキャラ的な親しみを感じています。大きく生い茂ったガジュマルの木を見上げると、一瞬チラッとキジムナーの姿が見えるような気がします。

 

【銀バス(ぎんばす)】(文化)

名前の通りバスのことなんですが、那覇市内の路線をメインとする那覇交通株式会社(現:那覇バス株式会社)のバスのことを指します。銀色の車体に鮮やかなブルーラインが特徴でした。

画像はwikipediaの「那覇バス」より

 

中学から高校にかけては、放課後遊びに行くときにいつも銀バスを利用していました。今で言うノンステップバスでなく結構な段差が昇降口にあり、乗り降りが大変だった覚えがあります。那覇市内を走る銀バスは前から乗って、先に定額運賃を払い、後ろから降りる方式でした。

1990年代に入ったころには、ほぼ銀バスは無くなっており、白地ベースの車体に変わっています。ちなみに「銀バス」と呼ぶのは、ほぼ那覇市民か、あるいは仕事や学校で那覇にバス通勤している人だけです。本島中北部民には伝わらない言葉の一つです笑

 

【きなこもちアイス】(食品・文化)

 

沖縄の定番アイス。80円前後で買えるとあって小学生に(きっと)大人気です。どこのコンビニやスーパーでも売っています。学校帰りの買い食いの味ですね。

実はこの商品は「アンパンマンアイス」と同じく、沖縄明治乳業が製造・販売している沖縄限定商品なんです。沖縄県民でも意外と知らない人がいるようで、私自身も大人になって知りました。

そういえば何年も食べてない気がします。少し溶けかかったころが中のおもちも柔らかくなっておいしいんですよねー。

 

【Kiroro】(芸能)

玉城千春(ボーカル)、金城綾乃(ピアノ)の2人からなる、沖縄県読谷(よみたん)村出身の女性デュオ、いわずと知れた日本でも屈指の音楽グループです。1996年にデビューして以来、生み出された名曲は数知れず、結婚式、卒業式などでも多く歌われ、合唱曲としても多くの曲が採用されています。

読谷高校の同級生だった2人は在学中から音楽活動を始めており、学校のイベントで歌う千春さんの声は、当時から非凡なものがあったそうです。

2001年に放送されたNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」のテーマソングにも使われ、より広く認知されるようになったのではないでしょうか。個人的にドラマも歌も本当に大好きで、毎朝楽しみに観ていました。

私の知り合いが、学生時代千春さんとよくカラオケに行っていたそうで、今でもそのことを自慢してきます笑


ゆーじん

今回は以上です。よければその他の記事もご覧下さい。
それでは、グブリーサビラ!(またねー)

皆さんにとってのおきなわキーワードもぜひ教えて下さいね

コメント

トップへ戻る