ピロリ菌と除菌方法について看護師が解説するよ

看護のお仕事
スポンサーリンク

ハイサイ!ゆーじん(@YJ_nurseman)です

人間ドックで胃カメラを毎年受けています!って方は結構いらっしゃいますが、ピロリ菌がいるか調べたことがある、というかたは意外と少ないです。またせっかく検査でピロリ菌がいることが分かっても、除菌をしっかり行う人はさらに少ないです。

今回はピロリ菌の検査方法と、除菌の仕方について解説いたします。

 

ゆーじん

それでは「ナステート」始まります!

ピロリ菌について

胃の粘膜に寄生する細菌です

ピロリ菌は、正式名称を「ヘリコバクター・ピロリ(Hlicobacter Pylori)」といいます。胃の粘膜層に生息している細菌です。もちろん肉眼では見えません。胃に感染することによって、胃炎や胃潰瘍を引き起こし原因となり、将来的には胃ガンの原因となるとされています。

胃の中は非常に強い酸性になっているのですが、ピロリ菌は自らアルカリ性のバリアを出して中和しながら、胃の中を自由に動いているのです。

 

ピロリ菌の発見のために研究者自ら菌を飲み込んでみた

ピロリ菌が発見されたのは比較的最近で、1982年オーストラリアの医師ウォーレンとマーシャルによって世界で初めて培養に成功しました。胃の中に細菌がいるという説は昔からあったのですが、2人によってはじめてその存在が明らかになったんです。その後2005年にウォーレンとマーシャルはノーベル医学・生理学賞を受賞しました。

しかもなんとマーシャル先生、培養したピロリ菌を自ら飲み込んで自分の胃に潰瘍を起こさせ、ピロリ菌と胃潰瘍の関連を証明してみせたのです。ど根性ですね。

 

どうやって感染するの?

ピロリ菌は何もないところから生まれたりしませんし、ヒトの体の中で造られるものでもありません。かならず外部から何らかの方法によって胃の中に入ってくるのです。しかし感染経路について、はっきり分かっているわけではありません。

しかしいくつか推測されることとして、以下の感染経路が考えられます。

1.井戸水など、ピロリ菌に汚染された水を幼少期に飲む(水→口)

2.ピロリ菌を保有する両親などが、乳幼児と食器などを共有する(口→口)

まとめると、幼少期にピロリ菌に汚染された水や食器などを口にすることによって感染すると考えられています。実際感染者のデータを見ると、圧倒的に高齢者が多いです。幼少期に井戸水を利用していた世代は感染率が高くなり、逆に上下水道がほぼ完備されている現在ではピロリ菌の感染者も減少しつつあります。

また大人になってからピロリ菌に感染することはあまりないようです。上記のマーシャル医師がピロリ菌を飲み込んだことにより胃炎が発症したという話も、確かに胃炎発症部位にピロリ菌の存在を認めましたが、その後自然焼失したようです。

 

ピロリ菌はキスでもうつる?

実はこの質問、多くはないですがときどき聞かれます。恥ずかしそうに小声で聞いてくるおじさんもいらっしゃいます笑。結論から言うとちょっと現実的に考えにくいですね。上記で書いた通り、大人になってからはピロリ菌に感染しにくいというのがその理由です。

しかしピロリ菌を保有しているパパやママ、おじいちゃんおばあちゃんが赤ちゃんにキスをすることでうつる可能性は否定できません。子や孫に余計なプレゼントをしないように、しっかり検査してみましょう。

 

ピロリ菌の検査について

ピロリ菌の検査は胃カメラ後に行います

一般的な流れとして外来や健診で胃カメラ(または胃バリウム検査)で「胃炎」などの所見があった場合に、その原因を確定するためにピロリ菌検査を行います。ちょっと細かい話ですが「胃カメラの後」というのがポイントで、胃カメオらを受けていないのにピロリ菌だけを調べる、とうことは保険診療ではできません。ただし例外もありますが。

ピロリ菌の感染の有無を調べる必要あり、と判断されたら実際に検査に移ります。検査の方法には大きく分けて胃カメラを使う方法と使わない方法の2つがあります。

胃カメラをしている最中に、医師がその場で「ピロリ菌感染の疑いあり」と判断した場合は、胃粘膜の炎症部分を一部ピンセットでつまんで切り取り、その組織標本中にピロリ菌がいないか調べることができます。実際のピロリ菌そのものを確認するのでかなり確実に感染の有無が分かります。

しかしデメリットもあり、検査結果が出るまで一週間ほどかかること、たとえ胃の中にピロリ菌がいても、採取した組織中に必ずいるとは限らないこと、などがあります。また採取した組織の場所や個数で検査料金も変わってきます。

 

血液で調べる方法がおすすめ

胃カメラを使わないピロリ菌の検査方法としては、血液、尿、便、そして呼気検査があります。どの検査方法も一長一短あり、診断する医師によってもどの検査を行うか分れます。しかし一般的には血液検査で調べることが主流となっています。結果が出るまで数日かかりますが、手軽にできて非常に信頼度も高い検査です。

繰り返しますが検査方法は、あなたのバックグラウンドをいろいろ考えた上で医師が決めることです。絶対に血液で調べるのじゃなければ嫌だ!とはならないようにお願いしますね。

 

ピロリ菌検査の注意点など

よくある質問で「ピロリ菌は定期的に調べたほうがいいのか?」と聞かれますが、これはNOです。しかし大人は感染しない、一度除菌したら再感染しないと完全に言えるわけではありません。定期的なピロリ菌検査は不要でも、定期的な胃カメラ検査はぜひ受けていただきたいです。そのとき必要だと判断されれば、ピロリ菌を再度チェックするということもあり得ます。

また後述するLG21ヨーグルトや、ある種の胃薬を定期的に飲んでいる人は検査方法によってはピロリ菌の判定が難しくなる場合があります。ピロリ菌検査をする際は服薬歴などを正確に医師にお伝えください。

 

ピロリ菌の除菌について

除菌しない限り胃にすみ続けます

ときどき、どんな食生活をすればピロリ菌を退治できるんですか?とか、抵抗力を高めてピロリ菌をやっつけよう!とか、ピロリ菌に感染したので治るまで安静にします、などとネタとしか思えないことを言ってくる方がいますが、そんな方法ではピロリ菌はいなくなりません!

ピロリ菌を除菌するには、専用のお薬を飲むしかありません。検査でピロリ菌がいると言われたら、外来でお薬をもらいましょう。この場合は消化器外科、胃腸科内科など消化器を専門にしている病院やクリニックを受診します。

 

除菌は一週間お薬を飲むだけ

ピロリ菌を除菌するためのお薬は、胃酸の分泌を抑える薬と、抗生剤がセットになっています。これを一日2回、7日間連続で飲み切ります。一回でも一日でも飲み忘れてはいけません。この場合、抗生剤のアレルギーがあるなど服用できなかったり、途中で飲むのを中止する人がいます。事前にどの種類の抗生剤にアレルギーがあるのか確認して処方しますが、実際に飲んでみて副作用のような症状が出たら、中止して医師の診察を受けましょう。

 

忘れてはいけない除菌の判定検査

ピロリ菌の除菌で大事なのは、お薬を飲み切った後に、本当に除菌できたかどうかを確かめる検査を行うことです。残念なことにせっかく除菌薬を飲んでも、除菌の判定をせずにほったらかしにするケースがよくあります。実はお薬を飲んだからといって必ず除菌ができるとは限りません。正しく服用したとしても除菌成功率は70~80%とされています。ですから除菌の判定をしないでいると、実はピロリ菌がそのまま生息し続けるということになりかねません。

通常、除菌後の検査はお薬を飲んだ後に4週間以上あけて行います。この場合は尿素呼気検査といって、小さな袋をフーっと吹いて、呼気中のピロリ菌の有無を調べるのです。しかしこの呼気検査、ちょっと面倒な検査で、検査前に水も食事も一切摂ってはいけません。タバコも吸うなガムも噛むな歯磨きもするな、と指示する医師もいます。ですから朝一で病院に来て検査をすることがほとんどです。午後に時間が空いたから検査を受けに来ました!って場合は、帰されてしまうかもしれません。それだけ敏感な検査なのです。

他の判定方法としては、血液で調べる抗体検査もありますが、除菌薬服薬後から6か月以上はあけないと正確な判定ができないとされています。どの方法を選ぶかは医師とよく相談してください。

 

ピロリ菌が除菌できなかった場合

除菌の成功率を上げるLG21ヨーグルト

明治のLG21ヨーグルトに含まれる乳酸菌OLL2716株には、ピロリ菌の活動を抑制する効果があるとされています。あくまでも活動を抑えるだけであって、ピロリ菌を除菌する効果はありません。しかしこの効果を使って、ピロリ菌除菌の成功例を上げることが実証されています。

除菌薬を飲む前に、1日2回、飲むタイプ食べるタイプどちらかのLG21ヨーグルトを4週間食べます。それから1週間除菌薬を飲むのです。私の勤める病院でもこの治療法を勧めていますが、ほとんどの方が1回で除菌成功をしています。

また通常の方法で除菌失敗した方は、ぜひ2回目の除菌をする際に、この方法を試してみてください。


それでも除菌できなかった場合

ピロリ菌の除菌成功率は70~80%とされていますが、1回で成功できなかった場合には、再度お薬を飲んで除菌をします。2回目でほとんどの方が除菌できるのですが、中にはそれでもピロリ菌が胃内に残存してしまうケースがあります。上記のLG21ヨーグルトを併用しても除菌ができなかったケース、また3、4回と除菌薬を飲んでも除菌ができなかったケースが少数ですが発生します。

この場合は、除菌薬による除菌は諦めて、できるだけ定期的に胃カメラ検査を行い、胃を観察していき、必要なら随時治療を行っていきます。

 

まとめ

ある日、人間ドックの胃カメラ検査の介助に付いているときに、医師が検査中の患者さんに「あなたは毎年胃カメラしているけど、これだけ胃が荒れていて治療するように勧められているのにどうして外来に来ないの?まだピロリ菌も調べていないの?どんなに胃カメラだけやっても、これじゃいつか胃ガンになるのを待ってるだけのようなものだよ。」と説いていました。

普段から毒舌な先生なのですが、これに関しては正論だと思いました。実際「とりあえず毎年胃カメラ受けていれば安心」と考えているひとがいます。しかしそれだけでは十分ではありません。ぜひ胃炎や胃潰瘍などを指摘された場合は、ピロリ菌の検査も行い根本的な治療を行うようにしましょう。胃ガンの発症率を下げるためにもピロリ菌の検査は非常に有効な手段です。

 

ゆーじん

今回は以上です。よければその他の記事もご覧下さい。
それでは、グブリーサビラ!(またねー)

看護のお仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\  よければポチっと!  /
\  Follow Me !  /
ナステート

コメント

トップへ戻る